死亡届を出す

死亡届の提出期限は死亡日から7日以内でしたっけ?たしか期限があるのです。けれども提出期限云々より、死亡届を出さないと火葬許可証がもらえません。火葬許可証がないと火葬できません。火葬場の予約もとらなければならないので、告別式の日時に間に合うように早めに役所(市区町村役場)に提出する必要があります。

死亡届を出すために必要なもの

死亡届を出すために必要な書類は、死亡診断書。死亡診断書が死亡届を兼ねてるというか、セットになってます。必要事項を書きこんで、提出します。それから届出人の印鑑が必要です。

死亡した人についての記入項目と、届出人に関する記入項目があります。どこに何を記入するかは、葬儀屋さんに聞けばいいです。役所へも葬儀屋さんが代理で提出してくれます。場合によっては、印鑑を預ける事も必要です。

葬儀屋さんに頼まないとか、自分で出しに行く場合は、印鑑と身分証明書を持って窓口で記入事項を確認して出せばいいでしょう。

とはいえ葬儀屋さんが入ってる場合は、たいてい葬儀屋さんが代理で提出しに行くと思いますよ。

  • 火葬許可証をもらい忘れたり、紛失されると困る
  • 火葬場の予約をする必要がある

など、慣れた人が手続きした方が確実ですし、喪家の人は他にやることもあって忙しいですから。

死亡届を出す役所

死亡届を提出する役所は決まってます。死亡人の死亡地か本籍地、または届出人の所在地の市区町村役場です。

死亡届は役所で24時間受け付けてる場合もあるそうです。ただし夜間休日の場合は、その場で火葬許可証が出ない可能性があるとか。二度手間になるので、役所が開いてる時間に行った方が確実だと思いますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です