父の納棺

お通夜の数時間前に、湯灌をしてその後は納棺です。父の時は亡くなったのが冬だったので、ドライアイスを置いて2日でもそんなに傷んでいる印象はありませんでした。

とはいえ、湯灌をするとやはり傷むので終わったら死に装束をつけて、すぐに納棺。納棺後(お通夜開始の数時間前)、お通夜の会場へ運ぶという流れでした。 続きを読む

湯灌は必要かどうか?

うちの場合は、母の希望だったので父の湯灌はやりました。前記事でも書きましたが、葬儀プランのオプションで約10万円くらい。高いか安いか微妙かな(笑)?

専用のバスタブを搬入して、排水も外にしてくれました。顔と体全体を洗って、髭剃り、散髪、眉をカットして整えてメイクまで。 続きを読む

死亡届を出す

死亡届の提出期限は死亡日から7日以内でしたっけ?たしか期限があるのです。けれども提出期限云々より、死亡届を出さないと火葬許可証がもらえません。火葬許可証がないと火葬できません。火葬場の予約もとらなければならないので、告別式の日時に間に合うように早めに役所(市区町村役場)に提出する必要があります。 続きを読む

お葬式用の遺影の準備

うちの場合、父がまだ自力で動けた健康な頃「お葬式用の写真を撮る!」と自分から言い出して、渋る母を連れて春の公園に出かけました(笑)。あーだこーだともめつつも、母がシャッターを押して。わりとカッコよくとれた1枚。ごく一般的なL版サイズの写真を、「これでお願いします」と葬儀屋さんに渡しました。 続きを読む